一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

OZ days

第九十話

早いもので、2件目のホストファミリーの生活も最後の日を迎えた。ほとんど居候状態の留学生がいろいろと迷惑をおかけして申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいだ。


yukioにとって本当のホストファミリーはここが最初だった(最初のは家族と言えない)。オーストラリアから帰ってきて10年経った今でもクリスマスカードの交換などを行っている。このお付き合いは大切にしたい。


J家での最後の夜、みんなとテーブルを囲んでいろんな話をした。ほとんど思い出話だったので笑いっぱなし。それでも最後はみんなハグをし合い少ししんみり。お母さんは泣いていた。yukioもつられて涙ぐんでしまった。


引っ越し当日。次のホストファミリーが迎えに来てくれた。J家のお父さん、お母さんは残念ながら仕事のためいなかったが、兄貴のMと妹のJが見送ってくれた。やはり寂しいものだ。


もうあれから10年も会っていない。妹のJは現在高校生。間違いなくベッピンさんになっているだろう。yukioの事は覚えているだろうか。覚えていてくれたら嬉しいな。


To Be Continued


バックナンバーはこちら
[PR]
# by yukio0810ssr | 2007-06-30 14:32 | OZ days
先日ご紹介したスペインの濃~いワインに合わせた料理などをちょっと紹介。




『アンホーリ 2004 アルデボル
Anjoli 2004 Ardevol』






ここまで濃い味わいのワインですと、やはり料理の方もそれなりに味わいのあるものじゃないとバランスがよくありません。


e0024133_9224679.jpg【画像】は豚のバラ肉の煮込みです。これ、ウーロン茶で煮込んでみました。醤油、オイスターソースなどをベースにした濃い目のソースをかけていただきます。


こういった味わいの料理には『アンホーリ 2004 アルデボル』はぴったりです。料理もワインもお互いに邪魔をせず引き立てあってくれました。


知り合いのシェフの方にもこのワインを試飲していただいたところ、季節外ではありますが『ジビエ』にも絶対に合うとの事。特に血を使ったソースには最高ではないかというご意見をいただきました。


僕個人的には鴨肉と合わせてみたいな~と思いました。考えただけでよだれものです。しかし実際にないので虚無感を感じます(笑)。


最後に、料理とワインの組み合わせに正解なんてありません。組み合わせによって美味しい、美味しくないというのは出てきますが、それは実際に試してみての判断でしかありません。僕の乏しい経験上、これは絶対に合わないというのは実際あまりないように思えます。ですので失敗はあまり恐れず、いろんな料理といろんなワインを試してみてください。チャレンジしてこそ新しい発見が生まれてきます。ぜひぜひ楽しんでください。


タイトルにもありますが、今年の夏は暑くなりそうです。しっかりがっつり食べて体力をつけましょう!ダイエットなんかより体調維持が先決ですよ~!!


【ワインも農産物だぎゃあ】




『アンホーリ 2004 アルデボル
Anjoli 2004 Ardevol』




[PR]
# by yukio0810ssr | 2007-06-27 09:24 | マリアージュ

焙煎×カカオ

【夏ワイン】の番外編赤ワインの試飲レポートです。




『アンホーリ 2004 アルデボル
Anjoli 2004 Ardevol』





e0024133_11223430.jpg




【テイスティングコメント】
向こう側が見えないほど濃い色合いです。焙煎、しかもよく炒った時のコーヒー豆の香りがあります。アルコールの高さも伺えます。ボリューム満点の味わいで、甘味のないカカオの風味があります。非常に濃い味わいではありますが、なめらかさも感じ渋みも柔らかです。








e0024133_11231589.jpg

簡単に言ってしまえば、要は濃い赤ワインなんです。それもかなり濃いタイプです。ボリュームもあり、飲みごたえします。渋みはそこまで強いというわけではなく柔らかさやコクがあるといった感じでしょうか。


このワインが生まれるスペイン・プリオラートは十分に太陽の日差しを浴びる事ができますが、生産量は非常に少ないです。畑での作業は除草剤や殺虫剤、化学肥料は一切使わないのが基本です。畑は合計12haで収穫量は16hl/haです。プリオラートの土壌は元々岩から生じたものでその影響を強く受けた土壌環境になっています。


ほんの前までは見向きもされなかった産地なんですが、アイデアと工夫で素晴らしいワインが作られるようになり、現在ではスペインワインの中でも最も注目されています。


『暑いからって言って、白や泡ばかりはつまらない』という方、『自分は年中フルボディの赤ワインだ!』という方、このワインはもってこいです。きっと満足していただけると思います。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『アンホーリ 2004 アルデボル
Anjoli 2004 Ardevol』



[PR]
# by yukio0810ssr | 2007-06-26 11:23 | スペイン
e0024133_11125069.jpg
ちょっと番外編の【夏ワイン】のご紹介です。




『アンホーリ 2004 アルデボル
Anjoli 2004 Ardevol』





スペインワインです。赤ワインです。しかも強烈です(笑)。


生産者さんの『アルデボル』は13世紀からブドウを栽培していて、バルクワイン(桶に詰め込まれたワイン)の販売を続けていました。しかし、ヘーゼルナッツの栽培が盛んになるとブドウ作りはどんどんと衰退していってしまいました。1995年、アルベルト兄弟と共にブドウ栽培を再開。自分たちの土地やふるさとに対する思い、小さな家族ワイナリーの手によってワインという形にしようと決心したからです。


生産者さんの説明をしても、このワインの印象は何も伝わらないでしょう。このワインを【夏ワイン】としてご紹介するのは本来ふさわしくないかもしれません。それぐらい暑い時期には向かないタイプの赤ワインです。


しかし、暑い時期に熱~い日本茶を飲まれるのってありますよね。あれ?ないですか?僕はけっこう好きなんですが・・・。


そんな感じで召し上がってほしい赤ワインということだけ今日はお伝えしておきます。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『アンホーリ 2004 アルデボル
Anjoli 2004 Ardevol』



[PR]
# by yukio0810ssr | 2007-06-25 11:05 | スペイン