一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー

<   2009年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

お祝いに

e0024133_1641205.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。作成にお時間を要しますので、なるべくお早目のご注文をお願いいたします。




【第232作品 ハナサク日本酒】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,500円

【使用したお花】
トルコキキョウ
カーネーション(ライトピンクパープル)
アストランティア(赤)
ブラックベリー
リキュウソウ


【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
華やか

【用途】
お祝い

【ワイン】
長良川 限定大吟醸 袋搾り斗瓶貯蔵 小町酒造




お祝いに作らせていただいたハナサク日本酒です。


こちらのハナサク日本酒はいつもブログで仲良くしていただいている『mitsukaさん』からのご注文です。


【mitsukaさんのブログ】
http://blogs.yahoo.co.jp/camelon623


紫を基調とした非常に上品なスタイル。お祝いの席にぴったりな仕上がりだと思います。紫や青のこういった使い方は勉強になるな~。


今回は日本酒がご希望ということで、地元のお酒を選ばせていただきました。お祝いの席にふさわしいものということで、酒の品評会用に仕込まれた特別なお酒を選ばせていただきました。


指定のワインやお花を選ばれた場合、特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-27 16:41 | ハナサクワイン 画廊
e0024133_1455759.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ワインの保管に関して語らせていただきました。その中でも話が出ましたワインセラーについて今日は少し語らせていただきます。


現在家庭用のワインセラーも様々なタイプが市場に出ています。6本用から100本以上入るタイプといろいろです。


先日ご来店されたお客様からこんな話を聞きました。


『この前デパートで見つけたワインセラーがあるんだけど、安かったからついつい買っちゃって。でもすぐに壊れちゃったんだよね・・・。』


規模の大きなスーパーさんやデパートさんのお酒売り場の中に、ワインセラーが売られているのは僕も見たことがあります。すごく安いんでびっくりしました。ただこういうタイプの多くは中国製の安価なタイプのもので、正直品質はよろしくないと言えます。温度調節ができなくなったりすることが、故障の一番多い理由です。温度管理ができないワインセラーは、ただの箱に過ぎません。


温度管理と言えば、ワインセラーは低い温度を保つためのものと思っている方が多いと思います。確かにワインは熱には弱いので、夏場での冷涼な場所としてワインセラーの需要はあります。しかし、涼しくするだけではワインセラーはいけないんです。


皆さんはワインセラーに『ヒーター機能』というのがあるのをご存じですか?名前のまんま温める機能のことです。『熱に弱いワインを温める必要があるの?』と思われがちですが、この機能が付いているか付いていないではワインセラーの品質としてはかなりの差があります。


『ヒーター機能』が付いていないワインセラーの場合、例えば庫内を15度に設定していたとしましょう。室内が20度の場合、ワインセラーは15度設定なのでその温度をキープすることができます(クーラー機能)。では室内が10度になった場合、『ヒーター機能』が付いていないワインセラー庫内はどうなると思いますか?たとえ15度に設定していても、室内の10度に合わせて庫内の温度も10度になってしまうのです。これは知らない方多いと思います。『ヒーター機能』が付いていないワインセラー内は、必ずしも温度が一定になるとは限らないのです。


先日もお話しましたが、ワインにとって一番の敵は『温度の波』です。温かい時間帯、涼しい時間帯が交互にくるのはワインの品質を大きく下げます。


ワインセラーに必要なのは、『クーラー機能』と『ヒーター機能』。この二つが重要なんです。ワインセラーをお持ちの方、一度『ヒーター機能』が付いているかどうか調べてみてください。もし『ヒーター機能』が付いていなく、大切なワインを保管してるのであれば、『ヒーター機能』の付いたワインセラーの購入をオススメします。


当店が推奨するのは『エンジェルシェア』というワインセラー。
【Angelshare エンジェルシェア】
http://www.devicestyle.co.jp/products/angelshare/index.html
日本国内でトップクラスの品質を誇ります。デザイン性も優れていて、僕もすごく気に入っています。もしご興味のある方は当店にお問い合わせください。


【ワインも農産物だぎゃあ】
[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-27 14:06 | ワインを想ふ

父の日の贈り物に

e0024133_15495610.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。作成にお時間を要しますので、なるべくお早目のご注文をお願いいたします。




【第231作品 ハナサク日本酒】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,000円

【使用したお花】
スプレーバラ(アンティークレース)
マトリカリア
アストランティア(白)
ヒペリカム(グリーン)
アイビー
アスパラミリオン


【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
カワイイ

【用途】
父の日

【ワイン】
長良川 吟醸 小町酒造




父の日の贈り物に作らせていただいたハナサク日本酒です。


お花、緑、包装紙、全てが落ち着きを感じますね。きっと落ち着きのある存在感のお父さんに贈ったんだろうな~。そういう父親になろ~っと。


今回は日本酒がご希望ということで、地元の吟醸酒を選ばせていただきました。


指定のワインやお花を選ばれた場合、特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-26 15:50 | ハナサクワイン 画廊

ワインの保管

e0024133_15261077.jpg
唐突ですが、皆さんはワインを保管する時に大切な事ってご存じですか?


いくつかのポイントがあるのですが、僕が一番大切だと思うのは『温度変化』です。日本のように四季があり、年間を通して気温の差がけっこうある場所はワインにしてみたらすごく環境が悪いです。


テレビなどで見たことがあると思いますが、ヨーロッパの地下セラーなどは気温や湿度が年間を通してほぼ一定しています。ワインの保管には最適な空間ですね。


要するに気温の波(変化)が少なければ少ないほどいいんですよ。よってあまり動かさないほうがいいんです。


ただ、ワインの保管が本当に必要なのは、例えばお子さんのバースデイ・ヴィンテージのワインを20年間寝かせておくなどの、長期熟成の場合です。こういった場合はちゃんとしたワインセラーが必要になってきますので、ご購入をオススメいたします。都心部ではレンタルワインセラーなんてのもあるらしいですね。


ワインを購入してから一週間後にはなくなるという方なら、そこまで保管に関して気を配る必要はありません。家庭用冷蔵庫の野菜室などで大丈夫です。


せっかく買ったワインは、美味しく飲みたいですからね。少しの気配りでいいんですよ~。
[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-26 15:27 | ワインを想ふ

ご結婚のお祝いに

e0024133_1356034.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。作成にお時間を要しますので、なるべくお早目のご注文をお願いいたします。




【第230作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 5,000円

【使用したお花】
スプレーバラ(スイートオールド)
スプレーバラ(ミミエデン)
ひまわり
デルフィニウム
ブプレリューム
リキュウソウ
ラビットファン


【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
ご結婚祝い

【ワイン】
エデルツヴィッカー ドメーヌ・メイエ・フォンネ




ご結婚のお祝いに作らせていただいたハナサクワインです。


緑が非常に鮮やかで、お花の色合いも生き生きと感じます。結婚というおめでたい席のお祝いにぴったりのスタイルですね。


今回のワインは、フランス・アルザス地方で造られる、非常に飲みやすい白ワインです。ドイツワインのニュアンスのあるフランスワイン、美味しいですよ。


指定のワインやお花を選ばれた場合、特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-25 13:56 | ハナサクワイン 画廊
【ワインも農産物だぎゃあ】


オーストラリアワインセミナーの続編です。


オーストラリアにもヨーロッパのように『ワイン法』が存在します。ヨーロッパのワイン法は非常に厳しいものがあり、それにより守られているものもあれば、縛れれているような気もします。オーストラリアのワイン法はヨーロッパのものに比べればかなり自由度は高いです。『どこの産地で、どのブドウ品種を使わなければならない』などの法律はなく、生産者が好きなようにワインを造れます。


ここまでですと『オーストラリアワインは自由だけど、品質的にどうなの?』と感じる方もいらっしゃるでしょう。オーストラリアにはワインの研究機関が非常に発達していて、毎日100種類以上のワインサンプルが届きます。それを実際にテイスティングし、オーストラリアワインとして輸出できると判断されたものしか、市場には流通しません。よって低品質なものはオーストラリアワインとしては認められないという厳しさもあります。


現在食の安全が盛んに叫ばれている中、オーストラリアのワインはもちろん、牛肉などの食品は非常に高い品質があり注目をされています。


オーストラリアワインというと、赤なら『シラーズ』、白なら『ソーヴィニヨン・ブラン』や『シャルドネ』を思い浮かべる方が多いと思いますが、今日はぜひ『リースリング』と『セミヨン』という二つの白ワイン用ブドウ品種を覚えていってください。


『リースリング』と『セミヨン』はオーストラリアの伝統的なブドウ品種で、和食とも非常にマッチする素晴らしいワインがたくさんあります。


またブログでオススメのワインがあれば紹介させていただきたいと思います!皆さんも分かりやすく、楽しいオーストラリアワインをぜひお楽しみください!
[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-25 11:57 | ワインを想ふ

父の日の贈り物に

e0024133_13172413.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。作成にお時間を要しますので、なるべくお早目のご注文をお願いいたします。




【第229作品 ハナサク日本酒】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,000円

【使用したお花】
ピンポンマム(白)
トルコキキョウ(パステル)
玉シダ
サマーイエロー
アスパラミリオン


【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
和風

【用途】
父の日

【ワイン】
特別本醸造 しずく 花盛酒造




父の日の贈り物に作らせていただいたハナサク日本酒です。


こちらも落ち着いた雰囲気です。シダを入れることでこんなにも落ち着きのあるスタイルになるんですね。


今回も日本酒がご希望ということで、地元岐阜のしずく酒と言われる贅沢な造りの日本酒を選ばせていただきました。


指定のワインやお花を選ばれた場合、特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-24 13:17 | ハナサクワイン 画廊
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日オーストラリアワインセミナーに行ってきました。


現在では世界でもトップクラスのワインが生まれるようになったオーストラリア。僕も思い入れのある国で、本当に大好きです。


オーストラリアは建国200年を経過したばかりの新しい国。ワインの歴史も当然新しいです。ワインの世界では【新世界】なんて呼ばれたりもします。しかし、セミナーの講師はこう言いました。『オーストラリア大陸の歴史は5万年です。新世界と呼ぶのはちょっとおかしいのでは?』ワインの原料となるブドウはもちろん畑があって生まれるもの。その土壌の歴史はとても新しいとは呼べないんですね。


ヨーロッパから伝わるワイン造りの技術と大陸の歴史が融合し、熱い思いを持った生産者が造るオーストラリアワイン。旨いに決まっています(笑)。


ワインの世界を牽引しているのは、やはりフランスやイタリアの力が強いです。しかしワイン文化を作ったのはイギリスです。そのイギリスが輸入しているワインで一番多いのはどこの国だと思いますか?


答えはオーストラリア。ワイン文化を作り、ワインに最も理解がある国が、フランスやイタリアではなくオーストラリアのワインを一番多く輸入しているというのは、すごく驚きです。オーストラリアはイギリスの元植民地という歴史背景も全く関係がないとは言い切れませんが、やはりオーストラリアワインの実力は認められていることは間違いないでしょう。


明日ももう少しオーストラリアワインについて語らせていただきます。


【ワインも農産物だぎゃあ】
[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-24 12:30 | ワインを想ふ

父の日の贈り物に

e0024133_1832753.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。作成にお時間を要しますので、なるべくお早目のご注文をお願いいたします。




【第228作品 ハナサク日本酒】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,000円

【使用したお花】
ピンポンマム(黄)
カーネーション(プリンセスブルー)
カーネーション(ライラックブルー)
ヒペリカム(グリーン)
ドラセナ
リリオペ


【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
和風

【用途】
父の日

【ワイン】
長良川 熟成古酒




父の日の贈り物に作らせていただいたハナサク日本酒です。


こちらのハナサク日本酒はブログで仲良くさせていただいている『YUKINKOさん』からのご注文です。


【YUKINKOさんのブログ】
http://blogs.yahoo.co.jp/surpass1998


全体の雰囲気は落ち着いた色合いでまとめられています。それだけにオレンジのリボンや黄色のピンポンマムが映えますね。父の日らしいスタイルだと思います。


今回は日本酒がご希望ということで、当店オリジナルの特別な古酒をご用意させていただきました。


指定のワインやお花を選ばれた場合、特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-23 18:32 | ハナサクワイン 画廊

お礼に

e0024133_19443882.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。作成にお時間を要しますので、なるべくお早目のご注文をお願いいたします。




【第227作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,000円

【使用したお花】
スプレーバラ(サラ)
デルフィニウム(マリンブルー)
マトリカリア
ヒペリカム(グリーン)
玉シダ


【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
お礼

【ワイン】
カタラット ビアンコ マランフーサ




お礼に作らせていただいたハナサクワインです。


淡い色合いのバラと色鮮やかで爽やかな印象のデルフィニウムのバランスが素晴らしいですね。緑も生き生きと感じられます。


今回のワインは、イタリア・シチリア島の白ワインです。こちらも華やかな印象があり美味しいです。


指定のワインやお花を選ばれた場合、特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2009-02-21 19:44 | ハナサクワイン 画廊