一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー

<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ご退職のお祝いに

e0024133_10521229.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。
【ハナサクワイン】は『要予約商品』です。ご注文をいただいてからの作成となります。




【第77作品 ハナサクジュース】

【スタイル】
ブーケスタイル 5,000円

【使用したお花】
ガーベラ(ピンク・黄)
スプレーバラ(ミミエデン)
スカビオサ
スイトピー
カーネーション(グリーントリュフ)
アイビー
ミスカンサス

【花の基調となる色目】
ピンク

【全体の雰囲気】
カワイイ

【用途】
ご退職祝い

【ワイン】
コンコード グレープ 信州桔梗が原産 アルプス




ご退職のお祝いに作らせていただいたハナサクジュースです。先方様がお酒が飲めないという事でしたので、ワインをジュースに変えさせていただきました。


ピンクや緑などが春を表現していますね。可愛らしいスタイルのハナサクになりました。


指定のワインを選ばれた場合、ワイン代金は特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-27 10:52 | ハナサクワイン 画廊

悔しい

『日本人は流行りもの好き』


よく耳にする言葉です。


確かに否定はできません。


当店のある町は飲食店さんが多い町です。大型チェーン店から個人店までいろんなお店があります。


流行っているお店、そうでないお店もいろいろ。


流行っているお店が全て美味しいのかというと、ほとんどがそうでないような気がします。


これは僕の主観も入っているし、個人の好みもあるでしょうが。


『内装がオシャレ』、『雑誌に載った』、『テレビで紹介された』、


きっとこういった理由が人気の秘密なんだと思います。


味わいは二の次、三の次なんだなと感じます。


飲食に携わる人間としてこれほど寂しいものはありません。悔しいです。


田舎と言えど、もっと味わいに目を向けてほしいと切に願うばかりです。


僕のできることを精一杯取り組んでいって、流れを変えれたらなと思います。
[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-27 10:50 | 日常の想ひ

未弥会 第十三夜 後記

e0024133_9562283.jpg
e0024133_9563478.jpg
e0024133_9564738.jpg
e0024133_9565813.jpg


【料理】

『春野菜のキッシュ、タコとサヨリとアオリイカのマリネ、ウズラとカモとフォアグラのパテ』

『鯉コクの赤ワイン煮』

『山菜のフリット』

『プラチナポークの骨付きロースト』

【ワイン】

『シャルドネ 2007 サンタ・アリシア (チリ産 白ワイン)』

『ブルゴーニュ・アリゴテ  レ・ジュヌヴレ 2005 ニコラ・ルジェ (フランス産 白ワイン)』

『プイィ・フュィッセ 2005 ルイ・ジャド (フランス産 白ワイン)』




今回の未弥会のテーマは『元気』です。


年度変わりやもあり、気分も一新し、元気にやっていきたいものです。


春野菜を始め、旬の素材を生かした料理を出していただきました。『鯉(恋)をすると元気になる』ということで、フランスでも食べられるという鯉を出していただきました。元々味わいが濃い目の鯉(ダジャレではございません(笑)。赤ワイン煮ということもあってさらにコクが出て本当に美味しかったです。大変好評でした。


ワインは今回は白ワインを3種出させていただきました。ちょっとしたクイズも交えておもしろかったですね~。僕がメインに出したかったワインを料理と合わせて本当に美味しいと言ってくださったので、出した甲斐があったと思いました。嬉しいです。


今回も大変盛り上がった会になりました。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。


『ビストロ・デ・コラソン』
各務原市蘇原菊園町1-87 Tel 058-383-5822
営業時間 11:00~14:00、18:00~21:30
月曜日定休
http://bistrocorazon.com
[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-26 09:57 | イベント

ホワイトデーに

e0024133_15523874.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。



【第76作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 5,000円

【使用したお花】
白バラ(アバランシェ)
チューリップ(ピンク)
オーニソガラム(オレンジ)
ヒペリカム
デルフィニウム
コアラファン
アイビー

【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
ホワイトデー

【ワイン】
ロゼ・ダンジュ 2003 レ・カーブ・ド・ラ・ロワール×2




またまた続きますが、ホワイトデーに作らせていただいたハナサクワインです。


奥様が大好きなワインを2本セットにして贈られたものです。まだ花開いていないチューリップ、これからが楽しみですよね。


指定のワインを選ばれた場合、ワイン代金は特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-21 15:52 | ハナサクワイン 画廊

まっさらな気持ちで

e0024133_1671848.jpg
e0024133_1673424.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したボジョレーの白ワインの試飲レポートです。




『ボジョレー・ヴィラージュ・ブラン グラン・クロ・ド・ロワズ 2004 ルイ・ジャド
Beaujolais Villages Blanc Grand Clos de Loyse 2004 Louis Jadot』
2,940円







【テイスティングコメント】
口に含むと甘味のないトロピカルなフルーツの風味がいっぱいに広がり、喉越しに苦味が追いかけてきます。フルーティだけど甘味の無い、何か矛盾するような興味深い味わいです。




シャルドネワインとしてはかなり異質な印象も受けます。悪い意味ではありませんよ。なんて言うんでしょう、変わってるな・・・(笑)


変わってるんですが、正直好みの味わいです。控え目なところが僕に似ていて共感するというか・・・。え?yukioは図々しい?はい、おっしゃる通りです(笑)


ブルゴーニュのシャルドネと飲み比べると、さらに違いを楽しめると思います。少し離れた土地なだけでここまで印象が違ってくるというのもおもしろいですね。


シャルドネという事だけを念頭に、なるべくまっさらな気持ちで飲んでいただきたいな~と思います。


ボジョレーの白ワイン、ぜひお試しあれ。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ボジョレー・ヴィラージュ・ブラン グラン・クロ・ド・ロワズ 2004 ルイ・ジャド
Beaujolais Villages Blanc Grand Clos de Loyse 2004 Louis Jadot』
2,940円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-19 16:07 | 仏・ボジョレー地区
e0024133_14612.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


ヌーヴォーでおなじみのボジョレー地区の白ワインです。




『ボジョレー・ヴィラージュ・ブラン グラン・クロ・ド・ロワズ 2004 ルイ・ジャド
Beaujolais Villages Blanc Grand Clos de Loyse 2004 Louis Jadot』
2,940円





ヌーヴォーのイメージが強すぎて、白ワインなんて造ってるの?と思われても仕方がないとは思いますが、ボジョレー・ヴィラージュ(ボジョレー地区で造られる少し上級クラスのワイン)の総生産量の約10%が白ワインなんです。


今回ご紹介するワインはシャルドネ 100%の白ワインです。ブルゴーニュともまた違う白ワインが生まれます。独特の雰囲気ですね。


生産者はお酒の神様『バッカス』でおなじみの『ルイ・ジャド』です。有名な生産者にありがちな商業的な造りは一切していません。世界的にも非常に優れたワイン生産者の一つです。


シャルドネもこういったスタイルがあるのかと再確認させてくれるおもしろいワインですね。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ボジョレー・ヴィラージュ・ブラン グラン・クロ・ド・ロワズ 2004 ルイ・ジャド
Beaujolais Villages Blanc Grand Clos de Loyse 2004 Louis Jadot』
2,940円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-18 14:09 | 仏・ボジョレー地区

ぜひ一読を

e0024133_11141369.jpg
3月15日発売の『Real Wine Guide リアルワインガイド 21号』の131ページにて、ワインショップいいぬまのオススメワインが掲載されています。


全4種白ワインです(笑)。白ワイン好きなもんで。


全国の書店で発売されていますので、ぜひご覧ください。
[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-17 11:14 | 日常の想ひ

ブドウ品種の多様性

e0024133_11114078.jpg
e0024133_1112177.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したオーストラリアのシャルドネワインの試飲レポートです。




『ヤラ・ヴァレー シャルドネ 2005 デ・ボルトリ
Yarra Valley Chardonnay 2005 De Bortoli』
4,147円







【テイスティングコメント】
樽に由来するナッツ系の香り、存在感のあるしっかりとした味わいは、大らかで飲み手をリラックスさせてくれるような包容力を感じます。




高品質なブドウが生まれるヴィクトリア州ヤラ・ヴァレー産のシャルドネ 100%の白ワインです。9ヶ月間の樽熟成により、ワイン全体に落ち着きが感じられます。


世界で一番有名な白ワインのブドウ品種『シャルドネ』。国際品種とも呼ばれ、世界中のワイン産地で栽培されています。日本でもシャルドネは栽培されているんですよ。


同じブドウ品種でも国、産地、土壌、生産者、醸造方法、いろんな要素が加わって同じ味わいになることはありません。ワインの幅は無限に広がっていきます。


このシャルドネワイン、かつおだしといった関西風の和風味と非常に相性がいいです。ぜひお試しを。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ヤラ・ヴァレー シャルドネ 2005 デ・ボルトリ
Yarra Valley Chardonnay 2005 De Bortoli』
4,147円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-14 11:12 | オーストラリア
e0024133_11272885.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


オーストラリアのシャルドネです。果実味だけのワインと思ったら大間違いです。




『ヤラ・ヴァレー シャルドネ 2005 デ・ボルトリ
Yarra Valley Chardonnay 2005 De Bortoli』
4,147円





昨年、このワインの醸造責任者スティーヴ・ウェバー氏は『ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー』に輝き、名実共にオーストラリアだけにとどまらず世界のトップクラスのワイン生産者として認められています。


オーストラリアワインというと非常に果実味に富んだ分かりやすいスタイルのワインが多いイメージがあるかもしれません。事実、そういったスタイルのワインはありますが、そればかりではありません。


今回ご紹介するワインは、オーストラリアの中でも銘醸地として有名なヤラ・ヴァレーという地で造られています。


生産者も土地も申し分のない組み合わせ、期待が高まります。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ヤラ・ヴァレー シャルドネ 2005 デ・ボルトリ
Yarra Valley Chardonnay 2005 De Bortoli』
4,147円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-13 11:27 | オーストラリア

乾いた石の上

e0024133_110085.jpg
e0024133_110186.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したドイツの遅摘みブドウワインの試飲レポートです。




『リースリング シュペートレーゼ トロッケン 2006 ハインツ・ファフマン
Riesling Spatlese Trocken 2006 Heinz Pfaffmann』
2,310円







【テイスティングコメント】
大きめの柑橘系の果物の香り。乾いた石の上に置かれたフルーツの盛り合わせのイメージ。ミネラル、ドライさを感じる味わいです。甘い香り、口の中に残る旨味、酸味、甘味はやはりシュペートレーゼに由来します。




使用ブドウ品種であるリースリングは通常粘板岩という粘土質土壌で栽培されるのですが、このリースリングはシャブリの土壌として有名な石灰質の土壌で育てられていますので、例外的なリースリングと言えます。15cmほどは掘れても、それ以上はハンマーを使わないと掘れないほど固い土壌です。


そのような固い土壌質から生まれるワインはミネラル分をすごく感じます。


ミネラルを感じるというのは、ちょっと分かりにくいかもしれませんね。ミネラルウォーターの中に硬度というのがあるのですが、硬度の高いお水はミネラルが非常に豊富に含まれています。そういったお水を飲むとミネラルというのを感じることができます。ワインにも同じようなニュアンスがあるんですよ。


ドライさから『乾いた石』、果実味から『フルーツの盛り合わせ』。


『乾いた石の上のフルーツ』、我ながらユニークな表現です(笑)


【ワインも農産物だぎゃあ】




『リースリング シュペートレーゼ トロッケン 2006 ハインツ・ファフマン
Riesling Spatlese Trocken 2006 Heinz Pfaffmann』
2,310円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-03-12 11:00 | ドイツ