一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

近くに

e0024133_148127.jpg
e0024133_1482813.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したボルドーワインの試飲レポートです。




『アルテレゴ・ド・パルメ 2001
Alter Ego de Palmer 2001』
7,000円







【テイスティングコメント】
もう十分に飲みごろを迎えていますが、まだ数年は瓶熟成が期待できます。大らかな味わいで、渋みも柔らかく、きれいな流れを感じる喉越しがあります。バランスのとれた素晴らしい出来です。




先日も書きましたが、シャトー・パルメのセカンドワインは本当に質がいいです。事実、1997年までは総生産量のうち、『シャトー・パルメ』が80%、『セカンド』が20%の比率だったのが、1998年から登場したこの『アルテレゴ・ド・パルメ』の比率が35%~50%になりました。それだけ品質の高さに自信があるのでしょう。


このワイン、すごく頼りがいがあるというか、近くに1本欲しいなと思えるようなワインです。今日は何を飲もうか迷った時に、『あ、これを飲もう』って自然と手が伸びてくるような、そんな雰囲気を持っています。


あまりの高嶺の花のようなワインではこういった印象は持てません。やはりそこはセカンドワインという少し親しみのある存在感があるんでしょうね。メルローというブドウを主体に作られていますので、しなやかさと柔らかさという特長を持っています。


年末年始にじっくりと飲んでみたいなと思いました。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『アルテレゴ・ド・パルメ 2001
Alter Ego de Palmer 2001』
7,000円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-27 14:08 | 仏・ボルドー地区
e0024133_16393098.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


ちょっと久しぶりにボルドーワインのご紹介です。




『アルテレゴ・ド・パルメ 2001
Alter Ego de Palmer 2001』
7,000円





フランス・ボルドー地区のマルゴー村にある『シャトー・パルメ』のセカンドワインです。セカンドワインというのは通常その生産者の最高品質に達しないワインを意味します。『控えワイン』、『2軍ワイン』などと呼ばれてしまいそうな感じですよね。


しかし『シャトー・パルメ』の作るセカンドワインの定義は、『シャトー・パルメとアルテレゴ・ド・パルメは、シャトー・パルメのニュアンスに富んだ2つのタイプであり、その年の気候条件によってもたらされる変化の2つの解釈である。』ということです。これは意図して別のタイプのワインを作ることであり、上記のセカンドワインのような定義とはまったく違う事を意味します。


なんか話が小難しくなってきたんで簡単に言います。『アルテレゴ・ド・パルメ』は旨い(笑)。ボルドーワインに付き物の、格付けやセカンドワインなんて気にしないでください。美味しいワインであれば誰も文句言わないんですから。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『アルテレゴ・ド・パルメ 2001
Alter Ego de Palmer 2001』
7,000円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-26 16:39 | 仏・ボルドー地区

喜び

ワインはすごく種類が多い。


味わいももちろん様々。


それに加えて人間には好みが存在する。


僕が美味しいと思うワインが万人に受け入れられることはありえない。


それでも、美味しいワインを飲みたいという方に、その人に合ったワインを紹介したい。


だからその方の好みを知る必要がある。


どんな些細な情報でもいい。ヒントになってくれさえすれば、オススメのワインを紹介できる。


選んだワインを購入していただいて、なおかつ美味しいと言っていただけるのは、これ以上ない僕の喜びだ。


その方にもっといろんな美味しいワインを紹介したいと思う。


僕ももっとレベルアップが必要。死ぬまで続く課題だと思う。


ワインはやっぱり楽しい。でもそれ以上にみなさんに喜んでいただけることが一番楽しくて幸せを感じる。


最近ブログを更新できていない間、こんな事を考えてました。


美味しいワインの紹介、これからもがんばります。
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-22 14:52 | ワインを想ふ

個性

e0024133_1503684.jpg
e0024133_1505651.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したシャンパンの試飲レポートです。




『ブリュット プルミエ・クリュ N.V. ミッシェル・マイヤール
Brut Premier Cru N.V. Michel Maillart』
5,775円







【テイスティングコメント】
黒ブドウであるピノ・ノワールを主体に作られているので、重い飲み口なのかと思われがちですが、その味わいは非常に柔らかく、どちらかというと癖のないすっきりとした味わいに仕上がっています。バランスがよくとれたシャンパンです。




このシャンパン、ものすごく濃い味わいでも、ものすごく繊細でも、ものすごく有名でもありません。『個性がない』と言われたら、それは違います。


上記にもありますが、癖のないすっきりとした味わい。ここには言葉では言い表せない素晴らしい旨味とバランスが存在します。


個性とはインパクトがあるから個性ではないと思います。だからこのシャンパンは個性的なんです。


飲んでいただいて、僕の言いたい事が伝わると嬉しいな~。


※ちょっと今回の試飲レポート、稚拙な文章になってしまい申し訳ありません。ちょっと疲れてます・・・(笑)。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ブリュット プルミエ・クリュ N.V. ミッシェル・マイヤール
Brut Premier Cru N.V. Michel Maillart』
5,775円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-18 15:00 | シャンパーニュ
e0024133_16514554.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


年末年始にオススメの美味しいシャンパンのご紹介です。




『ブリュット プルミエ・クリュ N.V. ミッシェル・マイヤール
Brut Premier Cru N.V. Michel Maillart』
5,775円





生産者の『ミッシェル・マイヤール』は1720年から続くものすごく歴史があり、代々父から息子に引き継がれている由緒ある家族経営のワイナリーです。


先日現当主の『ニコラ・マイヤール氏』が来日し、試飲セミナーに出かけてきました。穏やかな口調と、物静かな印象で職人さんらしい雰囲気の方でした。


年間の販売量は多い年で10万本。ちなみに『ドンペリ』で有名なモエ・エ・シャンドン社は年間2500万本売るそうです。僕は数が多いから優秀という短絡的な考え方は好きではありません。こだわりにこだわって作られたシャンパンは素晴らしい個性を持っています。


世界一有名なシャンパン、無名ですがこだわりで作られたシャンパン、それぞれに魅力があります。選ぶのは個人の自由。誰も否定することはできません。


僕はひねくれ者です(笑)。流行りものなどが好きではないので、やはり無名な生産者を応援していきます。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ブリュット プルミエ・クリュ N.V. ミッシェル・マイヤール
Brut Premier Cru N.V. Michel Maillart』
5,775円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-17 16:51 | シャンパーニュ

ごめんなさい

ここ1週間ほど更新がまったくできていません。


それにも関わらず、皆さんからコメントをいただいて本当にありがたく思っています。


12月はやはり忙しいです。それでもなんとか美味しいワインのご紹介をしていきたいと思います。


更新ペースは遅くはなると思いますが、今後とも皆さんよろしくお願いします。
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-15 18:52 | 日常の想ひ

鍋会 第四回 後記

e0024133_1325540.jpg
e0024133_1325169.jpg
e0024133_13252892.jpg
e0024133_13253840.jpg


今回のお鍋は【鶏しゃぶ鍋】です。




【料理】

『鶏しゃぶ鍋』

『鶏の刺身』

『鶏の心臓・レバー』

【ワイン】

『ブリュット プルミエ・クリュ N.V. ミッシェル・マイヤール (フランス産 白 シャンパーニュ)』

『長良川 雪見舟 720ml 小町酒造 (日本産 活性にごり酒)』

『アルタ・エゴ・ド・パルメ 2001 (フランス産 赤ワイン)』


『なべ屋 灯(あかり)』さんでの第四回目のワイン会のご報告です。


今回のテーマは『鶏しゃぶ鍋』です。新鮮な鶏肉が入ったということで、しゃぶしゃぶにしてもいいですし、そのままお刺身としても食べられます。


お肉は新鮮なだけあって臭みもまったくなく、パクパクと食べれます。鶏ガラスープのお鍋にしゃぶしゃぶにしてもいただきました。そんなに火を通すことなく、半生状態でいただくと、これが極旨で・・・(笑)。


最後は〆のうどん。あ~幸せ(笑)。日本人に生まれて良かったと思います。そして毎度のことですが写真忘れました。この頃には完全に酔っ払ってましたので・・・(笑)。


今年最後の鍋会ということもあり、僕から日頃の感謝の気持ちを込めてあるワインをプレゼントさせていただきました。最後の写真のワインです。


来年からも鍋会盛り上げていきたいと思います。毎月火曜日に行っている鍋会ですが、この記事をご覧の皆様もご都合が合いましたらせひご参加ください。お待ちしていますよ。


参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。


『なべ屋 灯』
〒504-0827
岐阜県各務ヶ原市蘇原沢上町4-6-2 Tel / Fax 058-383-3702
営業時間 PM4:00~AM2:00
火曜日定休
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-07 13:25 | イベント

澄んでいる

e0024133_12553618.jpg
e0024133_12555388.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したオーストラリアの赤ワインの試飲レポートです。




『シャルドネ クーベーアー トロッケン 2005 ハインツ・ファフマン
Chardonnay qba Trocken 2005 Heinz Pfaffmann』
1,890円







【テイスティングコメント】
色合いは非常に淡く薄いです。柑橘系、洋ナシの香りがあります。数々の賞を獲得したこのワインにある素晴らしいクリーンさ。このクリーンさこそがこのワインの最大の特長と言えます。体に沁みいる果実のエキスは旨味が凝縮されていて、料理を引き立ててくれます。




シャルドネというと、濃い味わいの印象が強いかもしれません。しかし、冷涼なドイツで作られるシャルドネはまったくのスタイルの違うワインに仕上がっています。もちろん、生産者の技量が優れているというのが最も大きいですが。


口に含んでからジワジワと旨味が伝わってくる、僕が好きな白ワインのスタイルです。時間をかけてゆっくりと味わいたいワインですね。先日も書きましたが、ワインの澄んだ感じはやはり飲んでいて心地よいです。


1,890円という価格帯は素晴らしいです。デイリーワインとして十分にお楽しみいただけるワインだと思います。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『シャルドネ クーベーアー トロッケン 2005 ハインツ・ファフマン
Chardonnay qba Trocken 2005 Heinz Pfaffmann』
1,890円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-05 12:55 | ドイツ
e0024133_1302280.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


珍しいドイツのシャルドネワインのご紹介です。




『シャルドネ クーベーアー トロッケン 2005 ハインツ・ファフマン
Chardonnay qba Trocken 2005 Heinz Pfaffmann』
1,890円





最近気になっているドイツの生産者さん『ハインツ・ファフマン』です。なんでもドイツの大統領官邸で定期的に使用されている大統領官邸ご用達の生産者で、経済大臣、大会社の社長が、ファフマンのワインをお土産として利用しています。


この生産者が作るワインの一番の特長はどのワインも『クリーン』なこと。ワインがきれいなんです。澄んでいるという表現が合っているかもしれません。


ワインを評価する時にもすごく大事な『クリーンさ』。口に含んで、喉を通るまでのプロセスはクリーンなほど心地よいです。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『シャルドネ クーベーアー トロッケン 2005 ハインツ・ファフマン
Chardonnay qba Trocken 2005 Heinz Pfaffmann』
1,890円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-04 13:00 | ドイツ

育てるということ

e0024133_19285385.jpg
e0024133_1929496.jpg
e0024133_19291474.jpg
いつも僕の店がお世話になっている文房具屋さんへ行った時の事。


入口に立派な菊の花がありました。


お店の人に聞くと、近所でこの菊を育てている方からいただいたそうです。


しかもその人は今年立派な菊を育て上げ、見事内閣総理大臣賞を受賞されたそうです。すごいですね~。


僕が一番驚いたのは、この菊の樹の部分。3枚目の写真にあるように、この立派な花は1本の樹から枝分かれをしているんです。


この花たちはみんな家族なんですね。


この菊の名前、大菊というらしいです(間違えてたらごめんなさい。)。品評会なども多くあり、全国で皆さん大切に育てているそうです。


育てるにはものすごい時間と手間がかかるそうで、家を空けることができない、旅行なんて行けないそうです。


我が子のように大切に育てる。花も人間も変わりはないですね。
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-12-01 19:29 | 日常の想ひ