一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー

<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ご出産のお祝いに

e0024133_1562198.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。



【第62作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 10,000円

【使用したお花】
ガーベラ(大輪・オレンジ)
カラー(ゴールド)
スプレーバラ(クリーミーエデン)
チューリップ(黄)
モカラ(蘭)
オンシジューム(蘭・オブリザタム)
シルバーブローニア
赤ドラセナ
ランの葉

【花の基調となる色目】
イエロー・オレンジ

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
ご出産のお祝い

【ワイン】
ヴィンテージ・ポート 1985 ダウズ




ご出産のお祝いに作らせていただいたハナサクワインです。


大きな葉を使ってほしいというご要望がありましたので、『ランの葉』を使わせていただきました。


元気な赤ちゃんのように、お花も生き生きとした躍動感にあふれ見ているだけで力をもらえそうな感じです。ゴールドのカラー、個人的に好きですね。


ワインはヴィンテージ・ポートワインを選ばせていただきました。じっくりと楽しんでいただきたいですね。


指定のワインを選ばれた場合、ワイン代金は特別料金となりますのでご了承ください。


【ハナサクワイン 記事】




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-30 15:06 | ハナサクワイン 画廊

未弥会 第十夜 後記

e0024133_10324833.jpg
e0024133_1033015.jpg
e0024133_10331122.jpg
e0024133_10332355.jpg
e0024133_10333569.jpg
e0024133_10334663.jpg
e0024133_1034085.jpg
e0024133_10341090.jpg


【料理】

『ホタテのグリエ クロスティーユ』

『豚ほほ肉のパテ』

『秋刀魚のリゾット』

『カワハギの肝和え』

『牡蠣のポワレ 木の子とほうれん草のマスタードソース』

『若鶏の赤ワインヴィネガー煮込み』

【ワイン】

『クレマン・ダルザス ブリュット・エクストラ N.V. ドメーヌ・メイエ・フォンネ (フランス産 スパークリング白ワイン)』

『オリヴィエート・クラシコ サルチェット 2004 カンティーナ・モンルビオ (イタリア産 白ワイン)』

『シャルドネ クーベーアー トロッケン 2005 ハインツ・ファフマン (ドイツ産 白ワイン)』

『ムルソー 1998 クルティエ・セレクション
 (フランス産 白ワイン)』

『ボジョレー・ヌーヴォー V.V. 2007 ルー・デュモン (フランス産 赤ワイン)』

『コート・デュ・ピィ モルゴン 2004 ルイ・ジャド (フランス産 赤ワイン)』

『シックス・フット・シックス ピノ・ノワール 2006 オースティンズ・ワインズ (オーストラリア産 赤ワイン)』

『サヴィニー・レ・ボーヌ 2001 クルティエ・セレクション (フランス産 赤ワイン)』




今回の未弥会のテーマは『ボジョレーと秋の味覚』です。


どの料理も相変わらず素晴らしかったです。僕は最初の『ホタテのグリエ クロスティーユ』がすごく気に入りました。チーズも入っていて、あれだけでワインの肴に十分なります。もっと食べたかった・・・(笑)


今回は全部で8人の参加だったのですが、合計で10本のワインが開きま、いや、空きました(笑)。さすがにちょっと多かったかな・・・。


ボジョレー・ヌーヴォーがあまりにも有名な日本では、通常のボジョレーのワインはまったく無関心な状況です。ヌーヴォーとはまた違う魅力のあるボジョレーのワインを知っていただきたいと思い、今回『コート・デュ・ピィ モルゴン 2004 ルイ・ジャド』を出させていただきました。ガメイとは思えない味わいに皆さん大満足でした。出して良かった~。


参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。


『ビストロ・デ・コラソン』
各務原市蘇原菊園町1-87 Tel 058-383-5822
営業時間 11:00~14:00、18:00~21:30
月曜日定休
http://bistrocorazon.com
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-28 10:34 | イベント

広大な

e0024133_14113883.jpg
e0024133_14115596.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したオーストラリアの赤ワインの試飲レポートです。




『シックス・フット・シックス ピノ・ノワール 2006 オースティンズ・ワインズ
Six Foot Six Pinot Noir 2006 Austins Wines』
2,835円







【テイスティングコメント】
ピノ・ノワールとしては高めの14%のアルコールは香りにも出ています。プラム、チェリーの芳醇な香り。しっかりとした味わい、きれいな酸が豊かな味わいの後に続きます。味わいの骨格がしっかりしていても、それは野暮ったい、荒々しさを表しているのではなく、きれいな酸味に支えられてバランスをとっています。




ブルゴーニュと比較するのは好きではありません。やはりこれはオーストラリアのピノであって、ブルゴーニュとは別物です。ブルゴーニュの良さとオーストラリアの良さはどちらも個々の特長であり、優劣を決める事はできません。


このワインが生まれるオーストラリア・ヴィクトリア州・ジーロング地区のピノ・ノワールはかなりいいです。僕の最近のお気に入りですね。


たっぷりとした果実味は、オーストラリアの広大さを表すかのように懐が深い感じがします。飲んでいるとなんだか安心した気持ちになるのは、やはり僕の中にオーストラリア人の血が流れているからかな(嘘です(笑)


【ワインも農産物だぎゃあ】




『シックス・フット・シックス ピノ・ノワール 2006 オースティンズ・ワインズ
Six Foot Six Pinot Noir 2006 Austins Wines』
2,835円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-27 14:11 | オーストラリア
e0024133_1143858.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


オーストラリア・ベスト・ピノ・ノワールに輝いたワインのご紹介です。




『シックス・フット・シックス ピノ・ノワール 2006 オースティンズ・ワインズ
Six Foot Six Pinot Noir 2006 Austins Wines』
2,835円





先日ご紹介した『シックス・フット・シックス シラーズ・ヴィオニエ 2004』と同じ生産者が作るピノ・ノワール 100%のワインです。


輸入元さんの資料によりますと、
★スウェーデンの政府公認小売店300店によるワイン品評会にて、ジーロング地区から出品したシックス・フット・シックス・ピノ・ノワールはベスト・プライス・ピノノワールとして最優秀ピノノワールに選ばれました。


とのことでした。コストパフォーマンスに優れた優秀なピノ・ワインということですね。オーストラリアのワインの実力は着実に上がっています。オーストラリア好きの僕としては嬉しい限りです。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『シックス・フット・シックス ピノ・ノワール 2006 オースティンズ・ワインズ
Six Foot Six Pinot Noir 2006 Austins Wines』
2,835円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-26 11:43 | オーストラリア

まだまだこれから

前回の鍋会ではすっぽん鍋がテーマでした。滋養強壮のイメージの強かったすっぽん鍋には力強さのあるワインを合わせてみたのですが、実は繊細な味わいのすっぽん鍋、見事にワインとの相性は打ち砕かれました(笑)。


そして、今回の『あんこう鍋』。事前にあんこう鍋はすっぽんほどではないけど、けっこう繊細な味わいという情報を入手。ワインも繊細なものを選んでみました。


これまでは料理とワインの相性の基本イメージが僕の中にありました。


例えば味わいの強い料理、食材に対しては、それに負けないようにワインも力強さのあるものを合わせる。


スパイシーさや刺激のある料理や食材に対しては、ワインも刺激のある(例えば泡ワイン)などを合わせる。


そして、繊細な料理や食材に対しては、ワインも繊細なものを合わせるのが良いと考えていました。


しかし、今回繊細な味わいのあんこう鍋に合わせた繊細な味わいのワインの相性はとても良いものとは言えませんでした。


『繊細』と『繊細』がぶつかると、味わいがぼやけてしまい、焦点がはっきりしなくなりました。これにはちょっと僕も驚きと凹み(笑)がありまして、やってしまった~という感じでした。


料理とワインの相性というのは本当に難しいものだなと感じます。と同時にやはりこういった会でいろいろと試行錯誤できるのは楽しくもあり幸せだなと感じます。


参加してくださる方々の理解もあり僕も自由にやらせていただいてます。本当に感謝しています。


12月も鍋会は行いますので、今度のワイン選びもがんばりたいと思います。


あんまり鍋に合わせたワイン選びをするよりも、意外と自分が今飲みたいワインを選ぶと良い結果が出るんですよね、こういうのって(笑)。


さ~、今度は何にしようかな~。ワイン選んでる時が実は一番楽しいかも(笑)。


僕はまだワインの世界に入って数年。ひよっ子同然ですよね。まだまだこれから。
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-22 18:31 | ワインを想ふ

鍋会 第三回 後記

e0024133_11565632.jpg
e0024133_11571030.jpg
e0024133_11572011.jpg
e0024133_11573173.jpg
e0024133_11574230.jpg
e0024133_11575419.jpg


今回のテーマは【あんこう鍋】です。




【料理】

『あんこう鍋』

『あん肝』

『あんこうの皮の唐揚げ』

【ワイン】

『ヴーヴレ・ペティヤン ブリュット 1999 ドメーヌ・ユエ (フランス産 スパークリングワイン)』

『シャトー・ベラ・リースリング 2003 エゴン・ミュラー (スロヴァキア産 白ワイン)』

『リムー キュヴェ・ミトロジア 2003 プリモ・パラテューム (フランス産 白ワイン)』

『ボジョレー・ヌーヴォー V.V. 2007 ルー・デュモン (フランス産 赤ワイン)』

『リザーブ カベルネ・ソーヴィニヨン 2005 サンタ・アリシア (チリ産 赤ワイン)』


『なべ屋 灯(あかり)』さんでの第三回目のワイン会のご報告です。


今回のテーマは『あんこう鍋』です。前回のすっぽん鍋同様初体験でした。あん肝は食べたことあったんですけどね。


あんこう鍋も醤油、みりん、お酒、かつおだしをベースにした薄味の鍋でいただきました。あんこうは旨味が詰まった身や皮、内臓を持っていまして、逆に味噌味などにするともったいないかな~という印象でしたね。


あん肝は鍋に入れるとだしが出るタイプではなく、旨味がさらに中で凝縮する感じですごく美味しかったです。


スープも最高に美味しくなり、うどん、雑炊をいただきました。あ、写真撮るの忘れてた・・・。食べるのに夢中でしたね・・・(笑)。すっぽんの時もそうでしたが、うどん、雑炊、最高です。めちゃめちゃ美味いですね。お腹いっぱいです。


今回のワイン、またまた反省点がたくさんありました。それは後日また報告させていただきますね。う~ん、難しい。


鍋はやっぱりみんなでワイワイ食べるに限りますね。みなさんともぜひご一緒に鍋とワイン楽しみたいです。


参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。


『なべ屋 灯』
〒504-0827
岐阜県各務ヶ原市蘇原沢上町4-6-2 Tel / Fax 058-383-3702
営業時間 PM4:00~AM2:00
火曜日定休
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-21 11:57 | イベント

プレゼントに

e0024133_1712384.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。



【第60作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,000円

【使用したお花】
デンファレ(ルシアンピンク)
ガーベラ(八重咲)
ガーベラ(白)
スプレーカーネーション(パープル)
ニューサイラン(茶)
しだれ柳
ラビットファン

【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
プレゼント

【ワイン】
アイラー・クップ 2003 アルテンフォーヘン




こちらもプレゼントに作らせていただいたハナサクワインです。今回は『ハナサクワイン』です(笑)


お花とワインを包み込むような形の包装、すごく柔らかい印象があって良いですね。守られてるって感じでしょうか。


ワインはやや甘口のドイツワインを選ばせていただきました。


指定のワインを選ばれた場合、ワイン代金は特別料金となりますのでご了承ください。




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-19 17:16 | ハナサクワイン 画廊

プレゼントに

e0024133_16252864.jpg
【ハナサクワイン】とは『お花』と『ワイン』を組み合わせた贈り物です。



【第60作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 3,000円

【使用したお花】
ピンポンマム(黄色とオレンジ)
ホーランドパイン(洋風松)
アブライト(レッド)
葉ボタン
水引
羽のピック

【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
プレゼント

【焼酎】
隠し蔵 720ml




プレゼントに作らせていただいたハナサクワインです。あ、今回は『ハナサク焼酎』です(笑)。ご希望で焼酎を使わせていただきました。ちょっと背の低いボトルでしたので、ふた葉さんにはご迷惑をおかけしました。


写真を見てお分かりになると思いますが、完全に『和』です。お花で和を表現するのって本当にすごいなと思います。中の焼酎も引き立ちますよね。


お正月の時期にもこういった『和』のハナサクワインいいですね~。


指定のワインを選ばれた場合、ワイン代金は特別料金となりますのでご了承ください。




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-19 16:15 | ハナサクワイン 画廊

取材を受けました

住宅を動画で紹介する『GAZA』さんという会社から、ご縁がありましてGAZAさんのHPの中でハナサクワインの特集を組みたいとのお話がありました。


取材を受けまして、僕のハナサクワインに対する思い、ワインへの思いをめいっぱい話させていただきました。


HPをご覧になって多くの方に僕の思い、そしてハナサクワインを作ってくださる『ふた葉』さんの思いが伝わると嬉しいです。


http://vhg.jp/special/tokushuu/index.html
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-16 10:32 | ハナサクワイン 画廊

羽のような繊細さ

e0024133_1772147.jpg
e0024133_1773583.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介した僕の親父が絶賛した白ワインの試飲レポートです。




『ムルソー・ブラニー 1999 マトロ・ウィッターシェイム
Meursault Blagny 1999 Matrot Wittersheim』
9,660円







【テイスティングコメント】
抜栓時はみかんやレモンの皮の香りがあり、口に含むと青っぽい果実味を帯びたしっかりとした酸味や渋味も出ていましたが、それらはほんの少しの時間と共に薄れて円やかなミルクっぽい旨味に変化します。一年程前に飲んで感激しましたが、何度飲んでもこの泡立てたクリームのようにふわふわとした繊細でやさしく包み込むような味わいは変わりません。過去のムルソーのイメージを一新してくれます。




このワインを造るドメーヌのオーナーは女性醸造家であり、女性ならではの繊細で上品なワイン造りをします。ブルゴーニュの中では少し重みがある白というムルソーのイメージを払拭します。まるで羽根が生えたような繊細さは、走り去るように喉を過ぎると感じ取ることは難しいでしょう。ゆっくりと舌の上を散歩するようにワインを遊ばせてください。すばらしいムルソーの世界が口の中で広がります。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ムルソー・ブラニー 1999 マトロ・ウィッターシェイム
Meursault Blagny 1999 Matrot Wittersheim』
9,660円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-11-15 17:11 | 仏・ブルゴーニュ地区