一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー

<   2007年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

先日ご紹介したポルトガル白ワインの試飲レポートです。


e0024133_18455560.jpg








『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円










e0024133_18464060.jpg

【テイスティングコメント】
レモンイエローの色合い。フルーティさも感じられますが、レモンのようなキレのある酸味と心地よい苦味が印象的です。非常に爽快感を感じ、ドライさもあります。




このワインは色合いはけっこう濃い方だったので味わいも濃いのと思ったのが第一印象です。蓋を開けてみればかなりさっぱりとした味わいで、脂ののったお魚が欲しくなりました。オリーブオイルをたっぷりかけたカルパッチョでもいいですね~。


脂分が欲しくなるようなタイプのワインですが、お肉に合わせるよりもお魚に合わせたいな~と思いました。ぜひ暑い時期に一度お試しください。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-31 18:47 | ポルトガル
e0024133_107731.jpg
見た目がけっこう派手なポルトガルの白ワインのご紹介です。




『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円





小さいですが画像を見ていただけるとお分かりになるように、かなり目を引く色を使ったデザインボトルです。水色ってのも珍しいですよね。


ポルトガルの地で15世紀から続くブドウ園から生まれるこのワイン。主に『アリント』、『ヴィタール』といったポルトガル土着の品種が使われています。生産者の『キンタ・デ・パンカス』が所有する畑は、ポルトガルの中でも特にフランスのブドウ品種が適しているとの事で、このワインには『シャルドネ』も使用されています。


ポルトガルのワインというと、一般的には赤ワインの方がイメージが強いかもしれません。では白ワインはどうなんでしょう?という方は多いと思います。そんな方に僕の記事が少しでも役に立てば嬉しいです。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-30 10:07 | ポルトガル

OZ days

<お詫び>先週はOZ daysが書けませんでした。申し訳ありませんでした。


第九十三話

オーストラリアの一般的な家には全部とは言わないがだいたい自家用プールが付いている。すごく豪華に思えるが、案外普通らしい。大きさも様々だが十分遊べる大きさのものがほとんだ。


今回の家にもプールが付いている。けっこう大きいし、深さもある。飛び込み台まである。ここブリスベンの夏は強烈に暑い。日差しの強さは半端ではない。強いというより、痛い(笑)。以前にも書いたがサンクリームは必須のアイテムだ。


それだけ暑い場所なので、プールも必然的に必要になってくるのだと思う。暑い場所のわりに日本と違ってエアコンなどはあまりお見かけしないのもお国柄なのかな。冷たいプールに入って体の熱を下げるというのはエアコンの効いた部屋にいるよりよっぽど健康的だ。


ある暑い日にプールに入った。yukioは小さい頃水泳を習っていたのでそこそこ泳げる。調子にのって飛び込み台で遊ぶ。そして腰を痛めた・・・(笑)


To Be Continued


バックナンバーはこちら↓
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-28 09:51 | OZ days
先日ご紹介したフランス・アルザス地方泡ワインの試飲レポートです。


e0024133_9422064.jpg






『クレマン・ダルザス ブリュット・エクストラ N.V. ドメーヌ・メイエ・フォンネ
Cremant d Alsace Brut Extra N.V. Domaine Meyer Fonne』
2,960円













e0024133_9425030.jpg

【テイスティングコメント】
よく熟したブドウの香りがフワっと立ち上がってきます。少し熟成したニュアンスも感じられ、スイスイ飲めるようなフルーティなタイプとは異なります。味わいも甘さはほとんど感じられず、少し重めですね。じっくり楽しみたいタイプです。




アルザス地方の代表的なブドウ品種、オーセロワ、シャルドネ、ピノ・ブラン、ピノ・ノワールの4種類から作られています。12か月の瓶熟成をしていますので、熟成感を感じることができるのにも納得です。


品質の高さはものすごく感じますし、3,000円を切る価格帯で楽しめますのでぜひ一度お試しください。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『クレマン・ダルザス ブリュット・エクストラ N.V. ドメーヌ・メイエ・フォンネ
Cremant d Alsace Brut Extra N.V. Domaine Meyer Fonne』
2,960円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-27 09:43 | 仏・アルザス地区
e0024133_9403755.jpg
何かおもしろい泡ワインはないかな~と探してたらこんなのを見つけました。




『クレマン・ダルザス ブリュット・エクストラ N.V. ドメーヌ・メイエ・フォンネ
Cremant d Alsace Brut Extra N.V. Domaine Meyer Fonne』
2,960円





当店のお馴染みになりました、フランス・アルザス地方の生産者『ドメーヌ・メイエ・フォンネ』が作る泡ワインです。


『ブルゴーニュ地方』で作られる泡ワインは『クレマン・ド・ブルゴーニュ』と呼ばれるように、『アルザス地方』で作られる泡ワインは『クレマン・ダルザス(※クレマン・ド・アルザスとなるはずですが、発音上ド・アルザスがくっついてダルザスとなったようです)』と呼ばれます。


フランスのいろんな地方で泡ワインは作られています。シャンパンはブランドイメージも強く価格が高くなってしまいますが、こういった地方の泡ワインは価格もリーズナブルですし、生産者を選べば美味しいものがたくさんあります。


この生産者も間違いのない生産者です。僕が保障します。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『クレマン・ダルザス ブリュット・エクストラ N.V. ドメーヌ・メイエ・フォンネ
Cremant d Alsace Brut Extra N.V. Domaine Meyer Fonne』
2,960円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-26 09:40 | 仏・アルザス地区

ダブルヘッダー

今日は名古屋で試飲会です。そして初のダブルヘッダー。試飲会のはしごです。


バタバタするのはさることながら、超がつく方向音痴の僕に時間内に会場にたどり着けるのかが一番心配です・・・(笑)。


試飲会の様子はまた改めて記事にさせていただきますね。
[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-25 08:46 | 試飲会
先日ご紹介したポルトガルのスパークリングワインの試飲レポートです。


e0024133_15211357.jpg






『マリア・ゴメス スパークリング ルイス・パト
Maria Gomes Sparkling Luis Pato』
2,625円












e0024133_15213027.jpg




【テイスティングコメント】
この泡ワインの特徴は何と言っても『フルーティさ』です。香りだけですと、甘口の泡ワインと思えるほど甘い香りがします。口に含むと果実味が本当にしっかりとしているため、飲む方によっては『やや甘口』と感じる方もいらっしゃると思います。僕は辛口さも感じましたが、この果実味の豊富さには驚かされました。




今日も暑いですね~。こんな日にこのスパークリングワインは本当にピッタリだと思います。気軽に飲めるタイプですので、みんなでワイワイやってください。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『マリア・ゴメス スパークリング ルイス・パト
Maria Gomes Sparkling Luis Pato』
2,625円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-24 15:23 | ポルトガル
e0024133_1329843.jpg
去年の今頃にもご紹介したポルトガルのスパークリングワインです。




『マリア・ゴメス スパークリング ルイス・パト
Maria Gomes Sparkling Luis Pato』
2,625円





以前にもご紹介した、現代ポルトガルを代表するワイナリー『ルイス・パト』のスパークリングワインです。


ポルトガル土着品種『マリア・ゴメス』『ルイス・パト』の本拠地バイラーダ地区以外では『フェルナン・ピレス』と呼ばれています)を使用しています。


辛口表記にはなっていますが、果実味のフルーティな甘さが非常によく出ていますので、飲む方によっては『やや甘口』と感じるかもしれません。


暑い時期にはガンガンに冷やしてグビグビやっていただきたい1本です。


相変わらずカワイイラベルが特徴的で、外見もいいですよね。


ラベルも可愛く、味わいもフルーティ。女性ウケの良い泡ワインですね。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『マリア・ゴメス スパークリング ルイス・パト
Maria Gomes Sparkling Luis Pato』
2,625円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-23 13:29 | ポルトガル

お誕生日に

e0024133_10121287.jpg


【第54作品 ハナサクワイン】

【スタイル】
ブーケスタイル 5,000円

【使用したお花】
ガーベラ(赤・ポンポン咲き)
ガーベラ(白・スパイダー咲き)
カンガルポー(ブラック)
イレックスブループリンス(ソフトヒイラギ)
アイビーベリー
青りんご
コットン(ブラウン)
松ぼっくり
スターアニス(ゴールド)

【花の基調となる色目】
ミックスカラー

【全体の雰囲気】
おまかせ

【用途】
お誕生日に

【ワイン】
ポッジョ・トゥラーナ 2000 ロスゼッティ




お世話になっているSHIMAさんへ作らせていただいたハナサクワインです。


このハナサクワインを作ったのは去年の12月。ということでクリスマスらしい雰囲気でというご希望でした。写真が携帯で撮ってしまったので少々画像が鮮明ではありません。ごめんなさい。


シックな雰囲気と華やかな雰囲気がちょうど良いバランスで表現されています。すごいな~、このセンスはさすがとしかいいようがないです。


SHIMAさんも大変喜んでいただけました。ありがとうございました。


指定のワインを選ばれた場合、ワイン代金は特別料金となりますのでご了承ください。




【これまでに作らせていただいたハナサクワインはこちらからどうぞ】






『ふた葉』
〒504-0907
岐阜県各務原市那加住吉町5-31
TEL/FAX 058-371-0619
mcrpb771@ybb.ne.jp


[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-20 10:12 | ハナサクワイン 画廊

美味しさに必要なのもの

先日ご紹介した『パストゥグラン』の試飲レポートです。


e0024133_14115441.jpg





『ブルゴーニュ・パストゥグラン 2005 ドメーヌ・ダニエル・リオン
Bourgogne Passetoutgrain 2005 Domaine Daniel Rion』
2,310円













e0024133_14121737.jpg




【テイスティングコメント】
鮮やかできれいな紫色。新鮮味溢れるチェリーやベリー系、赤や黒色の小さな果実の香りがあります。かすかにイチゴジャムのような甘い香りも感じられます。落ち着いた酸味。存在感も十分でわずかながら渋みのほろ苦さもありますが、甘酸っぱい果実味が生き生きと感じられます。品質の高さが伺え、瑞々しい色合いから分かるように、クリーンな味わいがあります。




先日も記述したブドウ品種の構成ですが、この『パストゥグラン』はピノ・ノワールが2/3、ガメイが1/3とピノの方が比率の高い贅沢な『パストゥグラン』になっています。


元気がもらえそうな味わいです。ミディアムボディの中にも爽やかさを感じられ、今の季節にもちょうどよい赤ワインではないでしょうか?


こういった比較的安価なワインでも、ワインに対しての思いがつまっていれば美味しいワインが出来上がるものです。技術やお金も必要でしょうが、何より大切なのは情熱だと思います。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『ブルゴーニュ・パストゥグラン 2005 ドメーヌ・ダニエル・リオン
Bourgogne Passetoutgrain 2005 Domaine Daniel Rion』
2,310円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-18 14:12 | 仏・ブルゴーニュ地区