一言メッセージ :ワインショップいいぬまのブログだぎゃあ


by yukio0810ssr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ポルトガル( 11 )

ちょうど良い酸味。

e0024133_9461541.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】


キンタ・ド・コーレイヨ ダン レッド 2008 キンタ・ドス・ロケス
1,412円
ポルトガル ミディアムボディ 赤ワイン
【使用ブドウ品種】 ジャエン 40%、トウリガ・ナショナル 30%、アルフロシェイロ・プレト 15%、ティンタ・ロリス 10%、ルフェッテ 5%


甘く丸い果実の香り、渋味やボディがしっかりとしたタイプながら、後味はスッと引く飲みやすさがあります。フランスワインで例えるならボルドーとローヌの赤ワインを足して2で割ったようなスタイル。飲みやすさがあり、かつジューシーさもあり、酸味がきれい。ボディはちょうどいよいミディアム。


ポルトガルのデイリーワイン、ぜひお試しあれ。


キンタ・ド・コーレイヨ ダン レッド 2008 キンタ・ドス・ロケス
1,412円
ポルトガル ミディアムボディ 赤ワイン
【使用ブドウ品種】 ジャエン 40%、トウリガ・ナショナル 30%、アルフロシェイロ・プレト 15%、ティンタ・ロリス 10%、ルフェッテ 5%


【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】
[PR]
by yukio0810ssr | 2010-10-22 09:46 | ポルトガル
e0024133_921940.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】


キンタ・ド・コーレイヨ ダン レッド 2008 キンタ・ドス・ロケス
1,412円
ポルトガル ミディアムボディ 赤ワイン
【使用ブドウ品種】 ジャエン 40%、トウリガ・ナショナル 30%、アルフロシェイロ・プレト 15%、ティンタ・ロリス 10%、ルフェッテ 5%


ポルトガルの赤ワインのご紹介です。デイリーワインですが、これが旨いんですよ~。


ワインと言えば、ヨーロッパ!フランス!イタリア!ドイツ!・・・、ここまでは出るんですよね。なぜかポルトガルが出てこない。おかしい、不思議だ。ポルトガルのデイリーワイン・・・、きっと馴染みがないでしょうね。マイナーではありますが、知名度なんて関係ないですね。美味しければいいんです。


ということマイナー産地応援隊長yukioが美味しいポルトガルワインをご紹介します(笑)


ポルトガル・ダン地方の赤ワインです。余談ですが、『火宅の人』の作者である『壇一雄氏』が自分の名字と同じだからという理由でダン地方のワインを愛飲したそうです。ちなみに女優の壇ふみさんのお父さんです。


ワイン産地としての歴史は非常に古い土地で、昔から良質なワインが生まれるとして有名です。


ワイン名になっている『コーレイユ』はポルトガル語で『郵便局』の意味。オーナーのお父さんが郵便局長だったらしく、そのなごりでワイン名になったそうです。切手をかたどったラベル、カワイイですよね。


試飲レポートは後日。


キンタ・ド・コーレイヨ ダン レッド 2008 キンタ・ドス・ロケス
1,412円
ポルトガル ミディアムボディ 赤ワイン
【使用ブドウ品種】 ジャエン 40%、トウリガ・ナショナル 30%、アルフロシェイロ・プレト 15%、ティンタ・ロリス 10%、ルフェッテ 5%


【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】
[PR]
by yukio0810ssr | 2010-10-21 09:21 | ポルトガル
e0024133_9161729.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】


カステロ・ダルバ・レゼルヴァ・ドウロ・ブランコ 2009 ヴィーニョス・ドウロ・スペリオル
1,785円
ポルトガル 辛口 白
【使用ブドウ品種】 コデガ・ド・ラリーニョ、ラビガト、ヴィオシニョ


柑橘系、ライムなどを思わせるフルーティーな香りがあります。しかし、口に含むとフルーティな味わいというよりはドライでさっぱりとした味わい。口の中で広がっていくボリュームもあり、独特な心地良い苦味は食事との相性の良さを感じさせます。ポルトガルの白ワインという偏見を一切捨てて一度試してみてください。その美味しさに驚かれると思いますよ。


どうしても未知のものを口にするというのは勇気がいると思いますが、無名なものでも素晴らしいワインはゴロゴロしています。デイリーワインとして、この暑い時期として、ぜひ試していただきたい白ワインです。


カステロ・ダルバ・レゼルヴァ・ドウロ・ブランコ 2009 ヴィーニョス・ドウロ・スペリオル
1,785円
ポルトガル 辛口 白
【使用ブドウ品種】 コデガ・ド・ラリーニョ、ラビガト、ヴィオシニョ


【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】
[PR]
by yukio0810ssr | 2010-09-07 09:16 | ポルトガル
e0024133_9403926.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】


カステロ・ダルバ・レゼルヴァ・ドウロ・ブランコ 2009 ヴィーニョス・ドウロ・スペリオル
1,785円
ポルトガル 辛口 白
【使用ブドウ品種】 コデガ・ド・ラリーニョ、ラビガト、ヴィオシニョ


今回ご紹介するのはポルトガルの白ワインです。


同じヨーロッパなのに、ワイン産地としてはフランスやイタリア、ドイツと比べてかなり知名度の低いポルトガル。僕個人的にはすごく好きな産地なんですよ。


ポルトガルのワインで一番有名なのはポートワインですかね?『赤玉ポートワイン』とはまったく別物ですよ、本物のポートワインは、念のため。


さて、ポルトガルのワイン。しかも白ワイン。またyukioはマイナーなところを攻めるな~と思われてますね、間違いなく(笑)


いいんです。マイナーでも美味しければ。ワインはブランドで飲むものではありません。


今年の夏は暑いですよね。このワインをキンキンに冷やして飲んでみてください。美味しいですから。


先日、当店の試飲会でも出させていただいたんですが、ものすごい好評でしたよ。


試飲レポートは後日。


カステロ・ダルバ・レゼルヴァ・ドウロ・ブランコ 2009 ヴィーニョス・ドウロ・スペリオル
1,785円
ポルトガル 辛口 白
【使用ブドウ品種】 コデガ・ド・ラリーニョ、ラビガト、ヴィオシニョ


【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま

【HP下部にあるワインが飲みたくなるメールマガジン登録をお願いします。】
【ワインショップいいぬま Twitter】
[PR]
by yukio0810ssr | 2010-09-06 09:40 | ポルトガル
e0024133_17563725.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま


新着のヴィンテージポートワインをHPにUPしました。


キンタ・ダ・フォス ヴィンテージ・ポート 1992 カレム
5,000円
ポルトガル 甘口 ヴィンテージポートワイン


キンタ・ダ・フォス ヴィンテージ・ポート 1997 カレム
4,800円
ポルトガル 甘口 ヴィンテージポートワイン


ヴィンテージポートがこの価格帯はかなり嬉しいですね。クリスマスにもいいかも。


キンタ・ダ・フォス ヴィンテージ・ポート 1992 カレム
5,000円
ポルトガル 甘口 ヴィンテージポートワイン


キンタ・ダ・フォス ヴィンテージ・ポート 1997 カレム
4,800円
ポルトガル 甘口 ヴィンテージポートワイン


【ワインも農産物だぎゃあ】
岐阜県各務原市 ワインショップいいぬま
[PR]
by yukio0810ssr | 2009-12-12 17:56 | ポルトガル

存在

e0024133_1485174.jpg
e0024133_149835.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


先日ご紹介したポルトガルワインの試飲レポートです。




『マルケス・デ・ボルバ レッド 2002 ジョアン・ポルトガル・ラモス
Marques de Borba Red 2002 Joao Portugal Ramos』
2,625円







【テイスティングコメント】
6年間の熟成(2008年現在)を経て、味わいには落ちつきを感じます。おとなしい酸味と滑らかで柔らかな渋味、カシスやラズベリーなどの風味。バランスのよいミディアムボディです。




現在ワインが作られている国は本当に数多く、ここ最近では南半球のワインの人気がすごく高まっています。


どこの国でも作られている『国際品種』と呼ばれるブドウ品種。確かに分かりやすい表記や味わいのものが多く、難しいと思われるワインの世界に入るきっかけにはとても良いと思います。


しかし、そのようなワインが人気を博し続けていると、聞いたこともないようなブドウから造られるワインは敬遠されがちです。


今回ご紹介するワインのブドウ品種はアラゴネス、トリンカデイラ、ペリキータの3種をブレンドして造られています(比率は不明です。ごめんなさい)。どれもポルトガルが原産地となる土着の品種ばかり。


世界的にはマイナーなブドウ品種でも、美味しいワインはたくさんあります。こういったワインの存在が忘れられないように皆さんにお知らせするのもワインショップの使命だと思います。


聞いたこともないワインを手にするのは多少の勇気が必要ですが、ぜひ皆さんにお試しいただきたいワインですね。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『マルケス・デ・ボルバ レッド 2002 ジョアン・ポルトガル・ラモス
Marques de Borba Red 2002 Joao Portugal Ramos』
2,625円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-01-22 14:09 | ポルトガル
e0024133_1163855.jpg
【ワインも農産物だぎゃあ】


ポルトガルワインのご紹介です。




『マルケス・デ・ボルバ レッド 2002 ジョアン・ポルトガル・ラモス
Marques de Borba Red 2002 Joao Portugal Ramos』
2,625円





皆さんはポルトガルワインについてどのようなイメージがあるでしょうか?


『濃い』、『力強い』というイメージが強いかもしれませんね。確かにそういったタイプのワインが存在するのは確かなんですが、すごく日本人にとって親しみやすい味わいのワインが多いのも事実なんですよ。


何度か試飲会でポルトガルワインを飲んでみましたが、やはり『親しみやすさ』をすごく感じるわけですね。


今回ご紹介するワインもその親しみやすさが感じられます。


話が少しそれますが、何かの雑誌でポルトガル料理というのは日本人の舌に合うものが多いという記事を読んだことがあります。気候風土が似ているんでしょうか?


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『マルケス・デ・ボルバ レッド 2002 ジョアン・ポルトガル・ラモス
Marques de Borba Red 2002 Joao Portugal Ramos』
2,625円



[PR]
by yukio0810ssr | 2008-01-21 11:06 | ポルトガル
先日ご紹介したポルトガル白ワインの試飲レポートです。


e0024133_18455560.jpg








『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円










e0024133_18464060.jpg

【テイスティングコメント】
レモンイエローの色合い。フルーティさも感じられますが、レモンのようなキレのある酸味と心地よい苦味が印象的です。非常に爽快感を感じ、ドライさもあります。




このワインは色合いはけっこう濃い方だったので味わいも濃いのと思ったのが第一印象です。蓋を開けてみればかなりさっぱりとした味わいで、脂ののったお魚が欲しくなりました。オリーブオイルをたっぷりかけたカルパッチョでもいいですね~。


脂分が欲しくなるようなタイプのワインですが、お肉に合わせるよりもお魚に合わせたいな~と思いました。ぜひ暑い時期に一度お試しください。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-31 18:47 | ポルトガル
e0024133_107731.jpg
見た目がけっこう派手なポルトガルの白ワインのご紹介です。




『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円





小さいですが画像を見ていただけるとお分かりになるように、かなり目を引く色を使ったデザインボトルです。水色ってのも珍しいですよね。


ポルトガルの地で15世紀から続くブドウ園から生まれるこのワイン。主に『アリント』、『ヴィタール』といったポルトガル土着の品種が使われています。生産者の『キンタ・デ・パンカス』が所有する畑は、ポルトガルの中でも特にフランスのブドウ品種が適しているとの事で、このワインには『シャルドネ』も使用されています。


ポルトガルのワインというと、一般的には赤ワインの方がイメージが強いかもしれません。では白ワインはどうなんでしょう?という方は多いと思います。そんな方に僕の記事が少しでも役に立てば嬉しいです。


試飲レポートは後日。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『パンカス ホワイト 2004 キンタ・デ・パンカス
Pancas White 2004 Quinta de Pancas』
2,107円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-30 10:07 | ポルトガル
先日ご紹介したポルトガルのスパークリングワインの試飲レポートです。


e0024133_15211357.jpg






『マリア・ゴメス スパークリング ルイス・パト
Maria Gomes Sparkling Luis Pato』
2,625円












e0024133_15213027.jpg




【テイスティングコメント】
この泡ワインの特徴は何と言っても『フルーティさ』です。香りだけですと、甘口の泡ワインと思えるほど甘い香りがします。口に含むと果実味が本当にしっかりとしているため、飲む方によっては『やや甘口』と感じる方もいらっしゃると思います。僕は辛口さも感じましたが、この果実味の豊富さには驚かされました。




今日も暑いですね~。こんな日にこのスパークリングワインは本当にピッタリだと思います。気軽に飲めるタイプですので、みんなでワイワイやってください。


【ワインも農産物だぎゃあ】




『マリア・ゴメス スパークリング ルイス・パト
Maria Gomes Sparkling Luis Pato』
2,625円



[PR]
by yukio0810ssr | 2007-07-24 15:23 | ポルトガル